カスタマー・サービス
よくあるご質問(FAQ)

 

Search by categories

自動巻ムーブメントとは何ですか?

自動巻ムーブメントとは、オーナーの手首の動きによって巻き上げられる機械式時計のムーブメントです。振動する錘(ローター)が軸回転することによって主ゼンマイ(エネルギー源)が巻き上げられ、パワーリザーブに動力を充填します。時計のレギュレーターはひげゼンマイ付きのテンプで、毎秒6~8回振動します(キャリバー36では10回、マイクログラフでは100回)。自動巻ムーブメントは70個以上の部品で構成され(マイクログラフは480個)、その最小のものは人間の髪の毛ほどの細さです(0.07mm)。こうした機械式部品のすべてが継続的に調和して機能し、カチカチ音を立てるのではなく、なめらかに滑るような秒針の動きを作り出しています。クォーツ・ムーブメントと比べて精度の面では劣るものの(月差数分)、自動巻ムーブメントは、スイス時計製造の卓越性と伝統をこの上なく形に表したものです。

機械式ウォッチのトラブルシューティング

機械式ウォッチの時間がずれるのはなぜですか?

タグ・ホイヤー ウォッチの精度は、ムーブメントの種類や使用条件などのいくつかの要素によって左右されます。以下の表は、スイスのムーブメント供給会社が提示したタグ・ホイヤーの平均許容差を示しています(通常状態で、自動巻ムーブメントが最大限に巻き上げられている状態)。

クォーツ・ムーブメント:月差 -1~+11秒
標準的な自動巻:日差 -5~+20秒
クロノメーター:日差 -4~+6秒

タグ・ホイヤーの時計職人は、こうした許容差を超えた場合、自動巻ムーブメントの計時速度を調整するメンテナンスサービスを実施しています。

パワーリザーブとは何ですか?自動巻ウォッチの動力を完全に復元するにはどうすればよいですか?

パワーリザーブとは、時計またはクロノグラフ(キャリバー360やマイクログラフなど)が巻き上げなしで機能し続けるために蓄積される動力の量を指します。タグ・ホイヤーの自動巻ムーブメントは、モデルに応じて42~48時間のパワーリザーブを有しています。オーナーの手首の動きでムーブメントが巻き上げられ、動力が最大に保たれる仕組みとなっているため、十分な動きがない場合は、ムーブメントのパワーリザーブが減少し始め、やがて時計が停止します。ムーブメントを巻き上げるには、リューズのねじ込みを解除するかニュートラルポジションにして、リューズを時計回りにゆっくり回転させます(最低40回、V4の場合は100回)。これにより、時計は動き始め、通常作動のための十分なパワーリザーブがもたらされます。自動巻ウォッチの場合は、巻き上げすぎることはありません。

Feedback: Was this article helpful?

   

Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255